目の下のたるみを改善するトレーニングのやり方は?

目の下のたるみはトレーニングでも改善できる

目の下のたるみのせいで初対面の人から実際の年齢よりも年上だと思われてしまう、という経験をした人は少なくないでしょう。

 

年齢を重ねると体の筋肉の能力が低下してくるのは避けられませんが、顔や目の周りの筋肉もまた衰えてきます。
眼輪筋と呼ばれる眼球を支える筋肉や顔の皮膚を引っ張っていた筋肉の機能が低下したせいで目の下のたるみが発生し、さらに眼球の位置が下がることによりクッション役の脂肪が押し出されて目の下にふくらみができることになります。

 

トレーニングで目の周りの筋肉を鍛える

目の下のたるみは、目の周りの筋肉をトレーニングで鍛えることにより、解消することも可能です。

 

このトレーニングは自宅や外出先などで道具などを使うことなく、ちょっとした時間で行うことができるものです。
最近目の下のたるみが気になっていて、何か対策をしたいと考えていた方は参考にしてみてください。

 

トレーニングによって目の下のたるみができる要因から解決することができれば、メイクで目の下のたるみを隠そうと四苦八苦して長い時間を費やすというようなこともなくなるはずです。

 

このトレーニングを習慣化して眼輪筋を鍛えることに成功すれば目の下のたるみも改善していき、顔の印象を若々しく変えることもできるはずなのです。

 

目の下のたるみを改善するためのトレーニング方法

このトレーニングで使うものは中指と人差し指の腹です。
右手・左手の中指でそれぞれ同じ側の目頭を押さえ、同じように人差し指を使って目尻を押さえれば準備完了です。
指に力を入れ過ぎると顔にしわができてしまいますから気をつけてください。

 

次にそのまま自分の額を見ようとするように可能な限り目を上方向に動かします。

 

この状態を続けながら下のまぶたを上げようと力を込めてみてください。
中指と人差し指から下まぶたがピクピク振動しているのが感じられることでしょう。

 

合わせて10回、この上を見ながら下まぶたを上げるという動作を繰り返しましょう。

 

10回の動作が終わったら、普段の状態に戻って40秒間、トレーニングした筋肉を休ませれば完了です。

 

このトレーニングを毎日朝と夜に行いましょう。さらに昼間にもう1セット行うようにすれば、効果が得られるまでの時間が短くなります。
きちんと毎日続けて行えば、早ければ2週間ほどで目の下のたるみの状態が変わったのがわかるでしょう。

 

トレーニングが大変ならばアイキララで対策

ご紹介した目の下のたるみを改善するためのトレーニングはいかがでしょうか?

 

やること自体は決して難しいことではありませんが、毎日朝と夜行うのはちょっと大変そう、と感じた方もおられるかもしれませんね。

 

そのような方は、アイキララを塗って目の下のたるみを改善させましょう。
トレーニングよりはずっと手軽に目の下のたるみ対策を行うことができます。
公式サイトなら初回だけで解約できる定期購入でお得に購入できますし、さらに効果を実感できなかった場合の返金保証もありますよ。

 

 

アイキララの口コミを読んでみる