黒クマはコンシーラーでは消えない?消すにはどうすればいいの?

コンシーラーで消えない黒クマの対策方法は?

目の下にできてしまった「黒クマ」に悩まされている方は多いのではないでしょうか。
「黒クマ」があるだけで顔全体の印象が暗く不健康な印象を与えます。

 

逆に言うと「黒クマ」を上手に解消でき華やかな目元を手に入れることができれば、一気に健康で若々しい印象を手に入れることができます。

 

そんな多くの方を悩ます「黒クマ」は残念ながらメイクで簡単には消えない存在です。
これは、その症状の原因が「眼窩脂肪(がんかしぼう)の膨らみ」であるためです。

 

この存在ゆえにできてしまった影の暗い部分がその正体なのです。
つまり、コンシーラーなどで「隠す」という方法では改善効果を期待することはできません。

 

消えない黒クマの見た目を改善するには

そんな消えない「黒クマ」ではありますが、決してその見た目を改善する方法がないわけではないのでご安心ください。
ただし多くの方がやりがちな「コンシーラーで隠す」方法を試みても、「消えない」という結果が待っています。

 

おすすめなのは「誤魔化す」という方法になります。
つまり、メイク方法としてはどうしても消えない「黒クマ」の原因の膨らみに対して、別の部分を際立たせて目線を集めるようにしたり、ハイライトを上手に駆使して凹凸をつけることで「黒クマ」自体を目立たなくする、というのがおすすめです。

 

コンシーラーは使い方がポイント

更にその具体的な方法を説明すると、まずは両目の目がしらに明るい色のコンシーラーをのせます。
これにより目頭の印象が明るくなり、目がはっきりとした印象になるので目線が上がります。

 

次に目尻の3分の1に更にコンシーラーをのせます。
これも目頭同様丁寧になじませることできれいに仕上げるよう心がけるようにしましょう。

 

そして更に膨らみの下にコンシーラーをのせてください。
このとき絶対にしてはいけないのが膨らみそのものにコンシーラーをのせる、ということです。

 

これは、あえてその下にのせることでハイライトの効果を狙っているためです。
このことにより凸凹を平らに見せることができ、影の部分が目立たなくなるのです。

 

コンシーラーの使い方を工夫して、黒クマを他人に意識させないすっきりした目元を目指しましょう。

 

 

黒クマを原因から改善するアイキララの口コミを読んでみる