茶クマの消し方にはどのようなものがある?

茶クマのいろいろな消し方

青クマ、黒クマ、茶クマと目の下のクマには3つの種類があることはよく知られています。
その中でも茶クマは肌に対する刺激によって、目の周りに色素沈着が起こってできたものです。

 

体の中でも特に薄いといわれるのが目の周りの皮膚で、日常生活の中で無意識に目をこすったりするだけでダメージを受ける可能性があるほど敏感な部分なのです。

 

目をこすることが癖になってしまっている、クレンジングの際に力が入りすぎてしまっている、あるいは紫外線によって増加したお肌のメラニンが新陳代謝によってはがれ落ちずに定着していることなどが茶クマができてしまう要因となります。

すぐにできる茶クマの消し方は

茶クマの消し方としては目の周りのお肌への強い刺激を極力避ける、スキンケアに力を入れるといったことが考えられます。

 

具体的な消し方としてはこれまで行ってきたクレンジングや洗顔のやり方を見直し、加えて肌をこすらずにメイク落としができるアイテムなどを利用したり、UVケア効果や美白効果のあるコスメを積極的に利用したりするといいでしょう。
アイクリームはアイキララもよいのですが、茶クマ対策にはメラニンへの効果が高いハイドロキノンが配合された商品がよりおすすめです。

 

スキンケアを行う際は目の周りの肌への刺激を避けることを意識して、化粧品は指で軽く乗せるようにする、そしてコットンなどを利用して肌に染み込ませるようにしたいですね。

 

また、茶クマの消し方としてターンオーバーを活発化させ健康的なお肌へと変化させていくことも有効となりますので、保湿や肌への栄養補給にも気を配りましょう。

 

薬を利用する茶クマの消し方

これらの対策を行ってもなかなか改善しないという場合、病院で薬を処方してもらうという茶クマの消し方もあります。

 

トレチノイン配合軟膏は通常1ヵ月程度の肌のターンオーバーを2〜4週間程度に早めるという効果があります。
また、ハイドロキノンクリームは肌のメラニン色素を減らす働きがありますが、副作用が発生する可能性がありますので利用する場合は注意が必要です。

 

ちなみに、病院でクマの治療を行う場合は保険の適用外となることは知っておいたほうがいいでしょう。

 

 

アイキララの口コミを読んでみる